記事一覧

帰省の際、北陸新幹線に乗って感じたこと・・・【第1話】

スポンサードリンク



皆さん、こんにちは。

ももんがでございます。いかがお過ごしでしょうか。
今回は、お盆(昨年)の帰省に使った北陸新幹線について、書かせていただきます。

もうすぐ大型連休に突入しますが、故郷へ帰省される方もたくさんいらっしゃると思います。皆さんの規制手段は車ですか。それとも電車ですか?飛行機や高速バスという手段もありますが、私はいつも電車を使います。

その理由は、車に比べて時間に縛られますがやっぱり「楽ちん」だからです。それだったら、高速バスでも良いんじゃない?と思いますが実は、電車の車内販売が好きなのです。それに加えて、帰省先が雪国なので高速バスでは天候次第で高速道路を使えなくなる場合があるので、運賃も高速バスより高いですが電車を選んでいます。

私の場合は埼玉県から富山県に帰省する事になり、北陸新幹線の開通によって移動時間は2時間未満になりましたが、その間に電車で弁当を食べ、お酒を飲むのが楽しみなのです。北陸新幹線開通前は、乗り換えも含めて約3時間半位の長旅だったので今よりもっと、もっと楽しんでいました。

特に、富山名産の「ます寿司」を食べてビールを飲むのが王道で、こんな時はやっぱり汽車旅はイイなと思ってしまいます。色々な駅弁を電車で食べるのも楽しいですよね。

富山へ行く機会があれば、ます寿司・ぶり寿司そしてかまぼこをご賞味くださいませ。ます寿司やぶり寿司は「押し寿司」なので、季節によって違いますが2~3日程度、日持ちします。冷蔵庫に入れなくても大丈夫。逆に、冷蔵庫で冷やすと固くなって、絶対に美味しくありませんのでご注意願います。

皆さんも、ぜひ富山へ遊びに来てください。美味しいお寿司が、あなたに食べられたいと言っていますよ!!

スポンサードリンク