記事一覧

大谷もビックリ!? 貞子が投げ、伽椰子が打ち、俊雄が走る「貞子vs伽椰子」“三刀流”始球式

スポンサードリンク



大谷もビックリ!? 貞子が投げ、伽椰子が打ち、俊雄が走る「貞子vs伽椰子」“三刀流”始球式
 [映画.com ニュース] 映画「貞子vs伽椰子」で大バトルを繰り広げる「リング」の貞子と「呪怨」の伽椰子、その息子・俊雄が6月1日、北海道の札幌ドームで開催された北海道日本ハムファイターズ対東京ヤクルトスワローズで、始球式を行った。

貞子と伽椰子が異色の野球対決!「貞子vs伽椰子」始球式イベントの模様はこちら!

 ファイターズを鼓舞する“ファイターズガール”がダンスで会場を盛り上げるなか、突如としてバックスクリーンのオーロラビジョンが砂嵐状態に切り替わると、画面からぬるりと這い出てくる貞子が大きく映し出され、観客からは悲鳴が上がる。それを合図にグローブとボールを持った貞子、続いて金属バットを携えた伽椰子が俊雄を伴って登場し、場内アナウンスで3者が“野球対決”する旨が告げられると歓声が沸き起こった。

 貞子と伽椰子は米大リーグ、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手やファイターズの中田翔内野手の物まねを見せて会場を沸かせてから、いざ始球式へ。貞子は大きく振りかぶったフォームから時速96キロの直球を繰り出したが、伽椰子が豪快にフルスイングで三遊間を抜けるクリーンヒットを放った。一塁に走ろうとする伽椰子だったが、本来は立って歩けないキャラクターのため、俊雄が“代走”。「I LOVE 伽椰子」とプリントされたTシャツを身にまとい全力疾走した俊雄は、一塁ベースを踏むとすぐさま母親・伽椰子の元に舞い戻り、勝利を喜び合っていた。

 「貞子vs伽椰子」は、共に貞子と伽椰子の呪いにかかった有里(山本美月)と鈴花(玉城ティナ)を呪いから救うべく、霊媒師の経蔵(安藤政信)が、貞子と伽椰子を戦わせようとするさまを描く。「ノロイ」(2005)、「グロテスク」(09)、「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズ(12~15)、「ボクソール★ライドショー」(16)などホラー作品を多数手がける白石晃士監督がメガホン。「聖飢魔II」が主題歌を担当する。6月18日から全国公開。


スポンサードリンク