記事一覧

「よみがえる」小保方晴子氏 寂聴対談うけ「次に起きるコト」

スポンサードリンク



「よみがえる」小保方晴子氏 寂聴対談うけ「次に起きるコト」
 「STAP細胞」をめぐる研究不正問題で理化学研究所を退職した小保方晴子氏(32)が、騒動後、初の正式インタビューに応じた。2016年5月24日発売(首都圏など)の女性誌「婦人公論」で、作家・僧侶の瀬戸内寂聴さん(94)と対談している。

 手記の出版やホームページの開設に加え、最近は海外研究チームのSTAP関連論文が出たことでも注目を集めている小保方氏。瀬戸内さんには「あなたは必ず甦(よみがえ)る」と告げられたが、「復活」する日はくるのか。

■「あなたがされたことは、いじめですよ」

 小保方氏がメディアに正式に登場するのは、「STAP細胞はあります」と主張した2014年4月の釈明会見以来、約2年ぶりだ。瀬戸内さんが同誌で連載しているエッセーの中でエールを送ったことがきっかけとなり、対談が実現した。

 16年4月某日、2人は京都嵯峨野にある寂聴さんの寺院、寂庵で対面した。記事はカラー写真6枚付きの全7ページ。小保方氏は総レースの白ワンピースに前髪をアップした華やかなスタイルで臨んだ。対談前に4キロ体重を戻したというが、それでも会見時より随分ほっそりとした印象を受ける。

 「あなたがされたことは、いじめですよ。公のいじめ。ひどいわね」「あなたを応援する人も世の中にはいることを知らせたかった」――。瀬戸内さんのこんな言葉に励まされながら、小保方氏は2年間の胸の内や研究への思い、現在の生活などについて語った。

 うつ病の治療で通院する以外はほとんど外出できていないといい、「この2年間、本当に命が尽きると感じていました」とも打ち明けた。

 終盤、瀬戸内さんから「あなたは必ず甦る。世の中の先頭に立つ日が必ず来ます」と背中を押されると、

  「嬉しいです。心から嬉しいです。よみがえるなんて、思ってもいなかったので。私の人生はこうして終わるのだと......」

と先の人生を悲観していたことを明かしつつ、瀬戸内さんの言葉を噛みしめた。


スポンサードリンク