記事一覧

引退危機の能年玲奈 キョンキョン事務所で再出発か 舞台活動からの復帰濃厚

スポンサードリンク



 

引退危機の能年玲奈 キョンキョン事務所で再出発か 舞台活動からの復帰濃厚
 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレークした女優、能年玲奈(22)が岐路に立たされている。独立騒動のあおりで“開店休業”が続く中、所属事務所との契約が切れる6月での引退危機が報じられたのだ。一方、独立して「あまちゃん」で共演した小泉今日子(50)の個人事務所で再起を図る動きも聞こえてくる。

 能年は昨年、“先生”と慕う女性とともに無断で個人事務所を設立したことが報じられて以降、所属事務所とのあつれきが表面化。「あまちゃん」でのブレーク後、ほとんど露出していない状況が続いている。

 能年に近い関係者は、「所属事務所との契約が6月で切れます。契約は更新されない可能性が高い」と語る。このため、契約切れとともに活動の場を失うことで、“芸能界引退”のおそれがあると、各メディアが報じているのだ。

 しかし、この関係者は別の見方を示す。「能年が“先生”と慕っている女性は自らが事務所を立ち上げて、表だってマネジメントするような人ではない。そこで、小泉が昨年2月に立ち上げた個人事務所に身を寄せる話も進んでいるそうです」と明かす。

 「あまちゃん」で共演した若手女優たちが軒並み活躍するなか、ひとり取り残された能年だが、5月10日にはブログを更新し、小泉の舞台を観劇したことをつづり、久々のツーショットを披露している。

 「小泉は最近、舞台に力を入れている。あまちゃんの共演者で能年をかわいがっている、宮本信子や渡辺えりも舞台女優。能年が積極的に舞台などを観ていることからも、いきなりテレビや映画で復帰することは難しく、舞台を中心とした活動になると見込まれています」と前出の関係者は続ける。

 能年は再び、表舞台に返り咲けるのか。


スポンサードリンク