記事一覧

福山の合鍵侵入だけじゃない 追っかけたちの行きすぎた行動

スポンサードリンク



福山の合鍵侵入だけじゃない 追っかけたちの行きすぎた行動
 福山雅治の自宅マンションでコンシェルジュとして勤務していた40代女性が、福山宅に侵入した事件が波紋を呼んでいる。

 逮捕された女性は「ギターが好きで、福山さんのギターを見たかった」と容疑を認めているが、福山のファンだった可能性もあるという。

 この報道を受けてSNS上では、

《ファンも程度をわきまえてほしい》

《行き過ぎたファン行動って理解を超えた何かだよねぇ》(原文ママ)

 とルールを守らないファンに対して、苦言を呈する意見も多く見られる。しかし、今回の事件のように、私生活に介入しようとするファンは以前から一定数いるようだ。

「有名なのは、ジャニーズの“やらかし”ですよね。ジャニーズのファンは“プライベートで偶然見かけても同じ電車の車両に乗ってはいけない”といった厳しいルールがあるのですが、それを守らないのが“やらかし”。

 ジャニーズだとそんなルールを守らないファンを監視する“オリキ”も存在するし、事務所の管理体制もしっかりしているので、大事になるケースはほとんどありません。それでも、ファンだということを隠してメンバーに近寄ろうとする人も少なくないですね」(ジャニーズに詳しい記者)

 やらかし系のファンがやる行動とは?

「メンバーの自宅を知っている人であれば、近所のコンビニや行きつけの店でバイトをする。ルックスに自信がある子であれば、メンバーが定期的に来ると噂のバーやキャバクラで働くという感じです」(ジャニーズファン)

 キャバクラなどは追っかけをする上でも都合がいいそうだ。

「ジャニーズに限らず、バンギャ(バンドの追っかけ)でも同じような人は多いですよ。キャバクラだと給料も高く、休みも取りやすいから追っかけ活動がしやすいですしね」(前出のファン)

 また、私生活で近づこうとするファンにも傾向があるようだ。

「ジャニーズであれば、手越祐也クンなど女性スキャンダルの多いメンバーのファンほど、そういう店で働く子が多いイメージです。“店で出会えることさえできれば、私も口説いてもらえるかも”という妄想を抱きやすいんでしょうね」(前出のファン)

 過激なファンに狙われるのは、何もアイドルやミュージシャンばかりではない。

「ファンとの距離が近いお笑い芸人は、手売りでチケットを売るために比較的簡単にLINEのIDなどもファンに教えるので、勘違いするファンも多いみたいですよ。以前、彼女がいないと公言している芸人のファンがストーカー化したため、“もうつきまとわないでください”と言ったら、“私が彼女になってあげます”と真顔で言われたケースもあるそうです。福山さんもそうですが、長年女の影がないタレントのファンほど、“私が支えてあげたい”と勘違いしてしまうのかも」(お笑い関係者)


スポンサードリンク