記事一覧

小栗旬、着ぐるみで登場の山田孝之に「俺だったら絶対やらない」 『銀魂』初日舞台挨拶

スポンサードリンク



小栗旬、着ぐるみで登場の山田孝之に「俺だったら絶対やらない」 『銀魂』初日舞台挨拶
映画『銀魂』が7月14日(金)に公開を迎え小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、吉沢亮、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、福田雄一監督、さらに未発表だった着ぐるみエリザベスの声を務めた山田孝之も舞台挨拶に着ぐるみのまま登壇した。

ほか画像

空知英秋の人気漫画を豪華キャストで実写化した本作。舞台挨拶では序盤、ムロツヨシ&佐藤二朗という福田組常連コンビが暴走し、主演の小栗が「やめて! これで俺がおとなしくしてると『小栗旬、元気がない』って書かれるんだから」と苦笑交じりに抗議! さらに菅田が、現場について「橋本環奈が(役柄の)神楽のようにたくさん食べていた」と語ると、福田監督が「菅田くん、それ事務所NGだからダメだよ」と真顔で指摘し、橋本が「ホントにダメだと思われるから!」と、これまた苦笑交じりで抗議するなど、映画同様に笑いに満ちあふれた形で進行する。

柳楽と吉沢は、“仲良し”“ソウルメイト”であると強調し、壇上で連絡先を交換し始めるが、これに小栗は「これ、壇上でやろうってふたりで決めてきたんだろうね(笑)」と鋭い指摘。さらに小栗は、岡田に「『銀魂』と『ジョジョ』どっちが思い入れあるの?」と同じ配給会社の作品とはいえ、禁断の質問を繰り出すなどノリノリだった。

そして中盤、福田監督がエリザベスの着ぐるみに話しかけると、中から「暑ぃ…断ればよかった」という声が! これまで発表されていなかったが、劇中にも登場する着ぐるみのエリザベスの声は、山田孝之が担当。だが、舞台挨拶にも登壇することは、福田監督以外、共演陣にも報道陣にも知らされていない完全サプライズ! 会場は驚きに包まれた。

山田はあくまで着ぐるみとしての登場で、舞台挨拶でも一切、顔は見せず「“中の人”なんていないから。『入ってる』とかないから」と語っていたが、福田監督が「エリザベス」と言うところで、おもわず「山田くん」と呼んでしまい、再び会場は爆笑に包まれる。

小栗は「俺だったらオファーが来ても、絶対やらない」と語っていたが、今回の舞台挨拶登壇は、山田自身の提案だったそうで「みんな、暑い中で着物でアクションとか大変だったけど、俺は涼しい部屋で3分で終わったので、少しは稼働したほうがいいかと……」と理由を説明。

途中で、福田監督がエリザベスのくちばしを無理やり開けようとすると、中から山田の手がのぞき見え、小栗ら共演陣も身を乗り出して見入っていた。

小栗は「こんな頑張りを見れるのが『銀魂』です!」と作品をアピール。去り際にはエリザベスとがっちりと握手を交わしていた。

取材・文・写真:黒豆 直樹

『銀魂』
全国公開中


スポンサードリンク



コメント

コメントの投稿

非公開コメント