記事一覧

蜃気楼ってご存知ですか?実は一度だけ見たことがあります。

スポンサードリンク



皆さん、こんにちは。

ももんがでございます。大型連休2日目に突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか。
今回は、私の故郷富山でちょうど今頃から出現する「蜃気楼」についてお話をさせていただきます。

今から5年~6年くらい前だったと思いますが、本物の蜃気楼を一度だけ肉眼で見た事があります。

生まれて初めての体験でした。季節はちょうど今頃、GWが終わり五月晴れのとても気持ちの良い天気でした。仕事の途中で富山市内の勤務先から黒部市の客先まで出かけ、その帰り道だったと思います。

富山県には魚津市という蜃気楼の名所があり、その名所を通る道路は「蜃気楼ロード」と呼ばれており、その道を車で運転中でした。ちょうどその名所の手前に差し掛かった際に、人だかりが目に入りました。ひょっとして?と思い、すぐに路肩に車を止めて人だかりへ走りました。すると、出ていたのです!!

蜃気楼 

生まれて初めて見た蜃気楼でした。海の上に、何やらモヤモヤと映画のスクリーンように何かが写ってい幅広く海面から立ち上がり、カーテンのようにゆらゆらと揺れていました。

うわーっと思いながら口をポカーンと開けて見ていたら、あっという間に消えてしましました。実際に私が見ていたのは3分程度だったと思います。今はどうかわかりませんが、その当時は蜃気楼が出るとサイレンが鳴り、近所の人がみんな見に来ていました。

私が見たその時も、白衣を着た看護婦さんが、仕事をほったらかしてその名所に居たことを覚えています。午後3時を過ぎていたので、間違いなく昼休みではありません。

平和ですよね。今頃の季節で、天気の良い日は蜃気楼が出る確率が高く、朝から三脚にカメラをセットしてスタンバイしている人達で名所は賑わっています。


スポンサードリンク